MENU

自分で洗濯するのが難しいコート。

 

特に忙しい主婦の方は、コート位はプロに任せて綺麗にクリーニングで汚れをおとしてほしいですよね。

 

今回は、汚れのタイプ別にクリーニングでどれ位綺麗に汚れを落とすことができるのか、適したクリーニング方法などを合わせてまとめてみました。

 

 

 

コートをクリーニングに出す前に

 

まず、コートをクリーニングに出す場合に、前提として汚れは時間がたてばたつほど落ちにくくなるものだと覚えておきましょう。当たり前のことですが、ちょっとしたシミや目立ちにくい汚れを、そのまま放置しておくとクリーニングに出しても完全にはとりきれないことがあります。ですので、汚れたら可能な範囲で、汚れに応じたシミ抜きなどの応急処置を行い、下手に自身で落としきろうとせずに、早めにクリーニングにだすことが大事です。また、コートのシーズンが終わったら早めにクリーニングに出して次のシーズンまでは防虫剤などを使用して保管するようにしましょう。

 

 

 

 

 

○口紅の汚れ

 

口紅などのメイク汚れは、女性にはつきものですよね。

 

口紅の汚れについては、ある程度は自分でも比較的落としやすく、クレンジングオイルなどを使用すれば可能とのこと。しかし完全に落とすにはやはり手間がかかります。口紅は油性の汚れですので、ドライクリーニングで簡単に落とすことができます。汚れの度合いにもよりますが、ほとんどの場合、コートの種類に関わらず完全に落とせる汚れと言って良いようですので、安心してクリーニング店に任せることができますね。

 

 

 

○ファンデーションの汚れ

 

ファンデーションの汚れは、メイクをしている女性であれば最も多く気になるものではないでしょうか。特に襟元付近につくことが多いファンデーションの汚れは、皮脂と混ざりあり、口紅よりも落としにくいとのこと。また、自身で下手に汚れを落とそうといきなり水洗いなどをすると、ダウンやコートなどは黒く変色してしまうこともあります。プロのクリーニング店に任せましょう。

 

最近のファンデーションは落ちにくいものが増えてきているので、以前よりも汚れも落ちにくい傾向にあるようですが、シミ抜きでお願いすればリキッドファンデーションなどでも綺麗に汚れは落ちるようです。

 

また、撥水加工をしておくと汚れもつきにくいでしょう。

 

 

 

○血液汚れ

 

大人の場合はコートにつくことはあまりないかもしれませんが、お子さまの場合はちょっとした怪我をした時や鼻血がでてしまった時についてしまった、・・なんてことも多いようです。

 

コートについた血液汚れは1〜2日であれば、他の衣類と同じようにまずクリーニングで綺麗に落とすことができるようです。

 

しかし、日数がたってしまうと一般のクリーニング点では汚れを落とすのは難しい場合が多いようで、完全に汚れが落ちきれず返ってきた・・というパターンも良くみられます。日数がたってしまったものや、汚れの範囲が広い場合は、お値段は多少はりますがシミ抜き専門クリーニング店に依頼するほうがベターでしょう。

 

 

 

 

 

○カビによる汚れ

 

これは着用していた際の汗や皮脂の汚れを長い間放置しているとカビになったり、除湿が十分にできておらずにカビが繁殖し汚れの原因となるようです。

 

この場合、ドライクリーニングでは見た目に綺麗なっているように見えても、生地の中に汚れが残っている場合があります。特殊な水洗いのコースでお願いするか、カビ取りの技術に定評があるクリーニング店に依頼しましょう。コートの素材や汚れの度合いにもよりますが、通常料金+1000〜2000円が目安なようです。

 

また、こちらも撥水加工をしておくとカビが繁殖するのを防ぐことができます。

 

 

 

番外編

 

○墨汁による汚れ

 

汚れの中でも最も落ちにくいとも言われるのが墨汁汚れ。墨汁の場合、墨が繊維に入り込んでしまうため、一旦乾いてしまうとインクなどよりもかなり厄介な汚れであるとのこと。多くのクリーニング店でも綺麗に汚れを落とすことは難しく、「ほとんど落ちずに返ってきてしまった・・」という場合がほとんどです。お店によってはクリーニング自体断られることもあるようです。

 

しかし専門の技術をもったクリーニング店であれば、綺麗に汚れを落としてくれるお店もあります。

 

 

 

 

 

このように、汚れによって一般のクリーニング店でも十分に落ちるもの、専門の技術をもったクリーニング店に依頼したほうが良いものがあるようです。特にコート類のクリーニングはお値段がはるので、汚れによってクリーニング店選びは重要です。汚れの種類によって、簡単に落ちるようなものは通常のクリーニング、頑固なものは専門のクリーニング店を選ぶようにすることがコートをクリーニングに出す上で損をしない方法です。また、なかなかクリーニング店にもっていく時間がないような方や、通常では落ちにくい頑固な汚れを専門のクリーニング店にお願いしたい場合は、宅配サービスを行っているクリーニング店もありますので、上手に使いわけるようにすると良いでしょう。

 

このページの先頭へ