MENU

画像

コートをそろそろクリーニングに出したい!でも時間が無い…。忙しいとクリーニング店にいくことも出来なかったり、持っていこうと思っていたのに忘れてしまったりしたことはありませんか。まぁ目立った汚れもないし急がなくてもいっかーなどと、ついつい後回しにしてしまいがちです。でも、それは実はコートにとって危機的状況になっているかもしれません。

 

 

 

コートをクリーニングしないとどうなるの?

 

 

 

1、においがするようになる

 

普通の衣類は洗濯するけど、コートは直接肌につくわけでもないしあまりにおいが気になったりしないんじゃないかと思っていませんか?

 

たしかに汗などはつきにくいかもしれませんが、首周りは直接触れることもありますし、何より雨が心配です。傘をさしていてもコートの裾の方なんかは少なからず濡れてしまいますよね。臭いの元となる菌は高温多湿を好みますので、濡れて保管をしているとどんどん菌が繁殖してしまいます。

 

 

 

2、汚れ、しみが取れなくなってしまう

 

コートに直接何かこぼさなくても、外に着ていくだけで汚れていきます。車や工場から出る排気ガスによる黒い煙、空気中の様々なものを溶かしこんでいて想像よりもずっと汚れている雨、植物の胞子や花粉、さらには虫がつくこともあります。クリーニングに出しておけば取れる可能性が高いこれらの汚れも、もし長い時間をかけて沈着してしまったら、当然のことながら完璧に取れる可能性は低くなっていきます。取れたとしても、通常の洗い方では取れなくて料金が上乗せされてしまう場合があります。

 

そうなる前に、汚れがきれいに落ちるうちにクリーニングに出すようにしましょう。

 

 

 

3、生地が傷んでしまう

 

コートが雨にさらされると、汚れやシミの原因になるばかりでなく、生地も傷めてしまいます。酸性雨の恐ろしさはみなさんご存知かと思いますが、銅像がとけたり植物を枯らしたり、川に溶け込み生き物の生命を脅かしたり…恐いですよね。雨は大気中に大量にある二酸化炭素を溶かし混んで地上に降るため、通常の雨でも弱い酸性を示します。そんな雨が衣類に付いて、悪影響を及ぼさないわけがありません。そのままにしておくとせっかくのコートの繊維を傷めてしまいます。汚れはついてもクリーニングで何とか復活できるかもしれませんが、傷んだらさすがに元には戻りません。コートは高価なものが多いですし、それは避けたいですよね。

 

 

 

4、虫食いの被害にあう

 

虫食いにあうような服は、カシミヤやシルク、ウール、アンゴラ、モヘヤなどの高級な動物繊維だけと思っていませんでしょうか。実はその他の繊維、綿や麻といった植物繊維はおろか、ナイロンやアクリル、ポリエステルなどの合成繊維でさえも虫食いの被害にあうことがあります。

 

理由は食べこぼしやシミなどです。虫食いは自分でも気がつかないうちに被害にあっていることがありますので、最低でもシーズンが終わったらクリーニングに出す、汚したなと思ったらすぐにでも出した方がよいでしょう。頻繁に着ているものも、ワンシーズンに数回出した方がよさそうです。

 

 

 

5、かびがはえる原因になる

 

汗や雨などで濡れたまま風通しの無い場所に置いておくと、かびがはえやすい環境になってしまいます。一つにはえると胞子をまいてどんどん広がってしまうかび…。なんとしても阻止したいですね。濡れていなくても、部屋の中に湿気がたまりかびてしまう例もあります。筆者は頑張って扇風機を回してクローゼットの中にあてたり、部屋の換気を定期的に行っていてもかびを発生させてしまった経験があります。部屋の位置や構造によってもかびのはえやすさは左右されそうですが、頑張っても駄目ということは素直にクリーニングして新品同然にきれいにしてもらい、かびのリスクを抑えましょう。

 

 

 

まとめ

 

コートをクリーニングしないままでいると、どうなってしまうか?以上の記事を簡単にまとめてみました。

 

1、においがするようになります。気付かないうちに汗、雨などで細菌が増殖しています。

 

2、汚れ、しみが取れなくなってしまいます。ほうっておくとどんどん汚れは取れにくくなっていきます。

 

3、生地が傷んでしまいます。酸性の性質を持つ雨は恐ろしいですね。

 

4、虫食いの被害にあいやすくなります。動物繊維はもちろん、食べこぼしの恐れのある場合はどんな繊維でも要注意です。

 

5、かびの原因になります。濡れたまましまうのは絶対に避けましょう。

 

 

 

コート類は家ではなかなか洗濯できるものではないし、クリーニング店に任せた方が安心なため、クリーニング頼りになってしまいます。どうしても忙しくて出しに行けない場合もあるかと思いますが、洗わずに放置した場合のどうなるのかを理解しておけたらな、と思い今回の記事を作成しました。決して不安にさせるためではないのですが、最悪の事態としてご理解していただき、大切なコートを守るために備えてもらえたら嬉しいなと思います。


このページの先頭へ